~初冬の大貫古道を歩き、小松寺開基1300年法会の秘仏に出会う~

12月1日(土)、美しい紅葉と晴天に恵まれ、2018年第2回大貫古道フットパスガイドツアーを行いました。
参加者は27名、一般参加者15名、会員12名でした。
9:30に直売所に集合、加藤大貫区長の挨拶、注意事項の説明、準備運動の後、9:45に出発しました。
今回は小松浅間コース。
浅間神社や乙王の塚を見学後、12:30に小松寺で昼食。
小松寺開基1300年法会の秘仏を参拝後は、旧道の六地蔵、疎水トンネル跡を見学し、14:45に直売所に到着。
記念撮影の後、解散しました。
道中では、参加者からトウジイ(マテバシイ)の説明、ハーモニカの演奏、めでたい赤い実の話(千両・万両など)などの楽しい演出や、ハチミツクラッカーや美味しい郷土料理など差し入れもたくさんいただき、皆さん大喜びでした。
今回も天候に恵まれ、和気あいあいのフットパスツアーとなりました。
参加者の皆様、ご協力ありがとうございました。