丸山地域づくり協議会「郷づくりまるやま」では、嶺南子ども園と連携した食育事業の取り組みで、6月に園児と植えたさつまいもが収穫時期となっため、さつまいも堀りを行いました。
当日は、嶺南子ども園の園児128名(3歳児-34名・4歳児-53名・5歳児-41名)と郷づくりまるやまイベントの会を中心とした会員等9名が参加しました。
台風15号等、度重なる自然災害の影響で、さつまいもの成長が心配されましたが、園児達が水遣りや草取りを一生懸命やってくれたおかげで、さつまいもは十分に育ち、大きなさつまいもが土の中から出てきた時には歓声があがりました。
園児達は小さな手で一生懸命さつまいもを堀り起こし、大きなさつまいもを手にすると、「こんなに大きいのがとれたよ。食べるのが楽しみだね。」と笑顔で話してくれました。
収穫したさつま芋は、給食やおやつ等で園児達に提供されるそうです。
会としては食育の事業として、今後も継続していきたいと思います。
 会員さんと一緒に

大きいおいもが掘れたよ!!

「来年もまたやりましょう」と会員の皆さんから