1月28日(火)みよし交流館で、「第2回キエーロ・ファンミーティング」を行いました。
「キエーロ」とは木製の生ゴミ処理器で、悪臭や虫が出ないため、ゴミ減量の施策の一つとして東京や神奈川、北海道などの自治体も注目しています。
「ふらっと」では、障害福祉サービス事業所「らんまん」様のご協力で製作した、古ダンスの引き出しを再利用した「キエーロ」をご紹介しています。
今回の開催では、子ども連れも含め多くの方にご参加いただきました。
まずは映像で「キエーロ」をご紹介し、現在お使いの方からお話を伺いました。
「ホントに土に埋めるだけ?」「細かな竹チップも有効」「昔から使ってるコンポストがうまくいかなくて…」「堆肥 になりますか?」など、様々な話題があがりました。
その後は、実際「キエーロ」を見て触れながら、参加者同士も生ゴミにまつわる悩みや意見を交わして交流を深めました。
当日は雨模様でしたが、何人もの方に「キエーロ」をお買い求めいただき、お持ち帰りいただきました。
今後も定期的に開催し、少しでも多くの方に生ゴミ減量を実感いただければと考えています。
参加者同士でも、疑問や意見を気軽に交し合った

展示されたキエーロを、見たり触れたりしながら参加者は交流を深めた

なお、3月1日(日) 10時~15時に白浜コミュニティセンターで開催されるフリマで出店、「キエーロ」のご紹介&販売を行います!