~ハイキングコースの復旧に向け、市や「いわい案内人の会」が協力~
富山山頂までのハイキングコースは、昨年の台風被害により、福満寺からのルートと伏姫籠穴から先のルートが通行できなくなっています。
千葉県山岳連盟の岩崎喜司氏から南房総市役所に 「復旧をしたい」と申し出があり、4月19日(日)、 同連盟から岩崎氏ほか2名が富山を訪れ、市役所職員や「いわい案内人の会」と、共同で遊歩道の復旧作業を実施しました。
伏姫籠穴ルートの山頂付近では、倒木や土砂の崩落など被害が著しく、チェーンソーなどを使った倒木撤去が行われました。
復旧までもう2日程度かかる見込みですが、同連盟では 「上部団体から登山等の自粛声明が出されたことから、事態が収まってから作業を実施したい」としています。
倒木の撤去作業に向かう作業者の一行

土砂崩落により岩肌がむき出しになった箇所も