富浦地域づくり協議会”さざなみ”では、1⽉10⽇(⽊)に岡本城址コース∼⾥⾒⽒の歴史を訪ねて∼を開催しました。
光厳寺、興禅寺の⻘岳尼供養塔、桝ケ池、聖山、城址を巡り、最後は⻑泉寺で⾥⾒大⿊天像、川名楽山の⼗六羅漢図を拝観し、甘酒を頂戴して終了しました。
いつも案内をしていただく酒井和夫さんと「富浦の昔ばなし」の生稲謹爾さんのお二人の⾥⾒⽒に関する貴重なお話も聞くことができました。
今回は多くの方が参加され、はじめての方は⾥⾒大⿊天の特別開帳、幽霊の掛け軸(伝円山応挙)が興味深かったようです。
 城跡で酒井さんと生稲さんの解説を聞く

⻑泉寺での⾥⾒大⿊天の特別開帳