避難訓練見守り
11月29日(金)、市内の幼・小・中学校一斉避難訓練及び引き渡し訓練が行われ、校外に避難する際に「きらり」の会員が要所に立って見守りました。
年に数回、繰り返し行われている訓練ですが、緊張感をもって、素早く行動していました。
津波を想定した訓練ですが、「少しでも早く、高い場所に逃げる」ことが定着していました。
 
幼稚園児も全速力で高台の神社に向かっていました

マラソン大会交通員
晴天に恵まれた12月3日(火)、白浜幼・小学校のマラソン大会が行われ、郊外での見守りを保護者と一緒に行いました。
子ども達は大きな声援を受けながら、力いっぱい走り、日ごろの練習の成果を発揮していました。

桜並木の草刈り
12月1日(日)午前9時から20人で大原台駐車場周辺の草刈りを行いました。
今年2回目の草刈りは、堅く伸びたセイタカアワダチソウが多く、また、連日の雨で滑りやすくなった斜面での作業でしたが「きらり」の他に、白浜に農場を持つ「ワタミ」から数名が参加し、1時間30分程で終了することができました。
 
見通しが良くなりました          倒れてしまった桜の木

花の会
12月5日(木)、バクヤギク(多肉植物)の植替えを行いました。
川下の海岸沿いにある花壇が、雑草に覆われ、歩道を埋め尽くす程伸びていたため、切り取って歩道を確保しました。
また、周辺のプランターに、花ではなくバクヤギクを挿し木してみました。
川下海岸沿いは海からの潮を 多く受けるため、花を維持するのに毎回頭を悩ませていましたが、海辺でも強く育つバクヤギクで問題が解決できるでしょう。
 
花壇を覆ってしまったバクヤギク